交通事故後遺症・むち打ちは実績のある当院にお任せください!

交通事故後に、こんな症状・お悩みありませんか?

  • 病院では異常がないと言われたけど、やっぱり痛い
  • 数日後からしびれを感じるようになった
  • 湿布や飲み薬で痛みが改善するのか?
  • 常時ではないけど、めまい・頭痛・しびれがあらわれる

問題ないのに痛いのはなぜ?

 

交通事故にあい、病院に通院すると、「シップとレントゲンと痛み止め」が主な流れです。

レントゲンに写るものは、骨折などの骨の異常であり、筋肉や神経などの損傷は写りません。

なので、病院では、シップと痛み止めという治療方法になります。

交通事故は、事故の一時的な衝撃で体に無理な力がかかり、骨に異常はなくても筋肉や神経へのダメージは相当のものです。

でも病院では、「目に見えない、確認できない症状」については処置ができません。

その「目に見えない、確認できない症状」を改善させるのが、まごころ鍼灸整骨院の役割だと思っております。

痛みの箇所に手技療法も含め丁寧に治療を行っていきます。

交通事故痛み改善

 

むち打ち交通事故治療に強いワケ

ある整形外科の先生のお話しです。

事故による骨折の治し方などは勉強するけれど、事故後の慢性痛については教科書にもほとんど載っておらず、学会などでも事故による筋肉の痛みについて関心を集めていないとのことでした。

レントゲンやMRIで骨や神経が「目に見える」変化を発見し、手術などで修復することを訓練している整形外科の先生方の治療技術は日々進歩しています。

ところが、高性能のレントゲンやMRIを使っても写ってこない画像診断重視の病院では筋肉や神経の痛みは捕えがたいとのことでした。

その点、整骨院では「筋肉や骨格」について、何年もかけて学習し、実績を積んでおります。

まごころ鍼灸整骨院にいるスタッフは「柔道整復師」という国家資格を保有しております。

骨格や筋肉について知り尽くした交通事故治療のスペシャリストだからこその治療ができるのです。

むち打ちの種類

一言にむち打ちといっても、数種類に分類されます。

頚椎捻挫型 (けいついねんざがた)
首の捻挫のこと。
首・肩・背中のコリや痛みなどがある。
バレー・ルー症状型
首の神経まで傷ついてしまった症状。
頭痛・後頭部の痛み・めまい・耳鳴り・息苦しさなどがある。
神経根症状型 (しんけいこんしょうじょうがた)
首の神経根に負荷がかかってしまっている症状。
体の一部に力が入らなかったりしびれが起きることがある。
脊髄症状型 (せきずいしょうじょうがた)
脊髄損傷をした最も重症な症状。
知覚障害・歩行障害などがあらわれる。

むち打ちは、レントゲンでは異常が映らない場合が多く、病院を受診しても特に異常がないとされてしまうことが多々あります。しかしながら、痛みがある場合には、ご自身で、どの程度の痛みなのかを把握することはとても大切です。

自己負担0円

保険適用で自己負担0円で治療を受けられます。保険会社とのやり取りは院で行いますので、ご心配いりません。

交通事故治療の専門家が誠心誠意対応します

不遇にも交通事故にあってしまった・・・というとき、誰しもが冷静にと思いながらも、興奮状態に陥ります。

相手がいる場合、いない場合。

相手の不注意か、自分の不注意か。

色々なことが頭の中でぐるぐると回り、どんなに自分が悪くなくても、あの時、ああしていれば等と考えてしまうものです。

小さな痛みだからと様子を見るのではなく、鈍痛が残る場合もありますので、交通事故における痛み治療のプロとして、当院にご相談ください。

丁寧なカウンセリングのもと、その痛みと向き合い、痛みの改善を目指します。

他の医療機関からの転院も可能です

現在他の病院に通っているという方の中には、

  • 症状が一向に良くならない
  • 今のままで治るのだろうか?
  • 不定期に痛みに襲われる

という方も多いのではないでしょうか?

そんな時には、ご自身の痛み改善を最優先に考え、迷わずに当院までご連絡ください。

徹底的な治療で症状改善を目指します

治療は、レントゲンと湿布だけではありません。

痛みの箇所が炎症を起こし、その周りの筋肉が凝り固まってきます。

それを改善させるには、湿布だけでは効果がありません。

当院では、最新機器と手技を使い、しっかりと痛み改善へと導きます。

保険の面倒な手続きや保険会社との交渉もご相談ください

当院は毎年何百件の交通事故治療を行っております。保険手続を知っているか知らないかでは、慰謝料などのもらえるべき金額が大幅に違ってきます。

当院では必要に応じて保険のお話しもさせていただきながら、治療を行っていきます。

ご状況に応じて整形外科や弁護士をご紹介いたします

まずは痛みについてですが、整形外科と整骨院ではできることが異なります。

診断をするのは医師のみなので、レントゲンの画像診断も医療機関しか行うことができません。

但し、目で確認できるもののみに対応するのが医療機関ですので、むち打ちのようなレントゲンには映らないものの治療を行うことができません。

一方整骨院は、目に見えない痛みと向き合うことが得意です。

とはいえ、骨が折れている可能性があったり、目に見える傷や痛みがある場合には状況により整形外科をご紹介いたします。

しっかりと医療機関と提携をし、より良い治療を行っていきます。

また、最近の車両保険には、弁護士特約が付いている場合がほとんどですが、もし弁護士特約がなく、万が一相手方と思うような話し合いができずにいてどうしていいかわからないときには、ご相談ください。

当院でも相談にのっていただいている弁護士をご紹介いたします。

交通事故にあったことがあるからこそ分かる、適切な治療を

始めまして。

まごころ鍼灸整骨院グループ総院長をしております、大本淳二と申します。

実は、柔道整復師の資格を取って間もない頃、当時勤めていた整骨院への通勤中に、わき道から飛び出してきた車に思いっきりぶつけられて事故にあいました。

救急車で運ばれて、大学病院の整形外科に入院までしてお世話になりましたが、レントゲンでは異常がないと言われ、痛み止めと湿布の毎日。

でも一向に良くなりません。

そんな中、痛みを改善させてくれたのが整骨院だったのです。

自分の持っている知識をフル回転させて、自分の身体をもって経験しました。

レントゲンやMRIに写らない、原因不明の痛みというのはたくさんあります。

むち打ちもその一つです。

そういった痛みをもつ患者様の声に誠心誠意答えていきたいと、整骨院をオープンさせて早14年。

現在、たくさんの患者様に通院いただいておりますが、簡単にむち打ちといっても、誰一人同じ症状の方はおりません。

だからこそ、まごころ鍼灸整骨院ではスタッフの技術差をなくし、技術向上を図って日々精進しております。

もし、他に通院しているけれど、痛みがなかなか改善されない場合や交通事故にあってどこを受診するか迷われている場合には、是非一度、当院までお問い合わせください!

整形外科と整骨院の違い

直接患部に届くから、早期回復が見込めます

当院には、「ハイボルテージ」という直接患部に届く最新機器を導入しております。

通常、炎症がある場合には固定をして動かさないことが基本となることから、整形外科では湿布で様子見となるのですが、この「ハイボルテージ」は立体的な電気刺激で直接患部へと届き、炎症を鎮め、痛みの軽減へと導きます。

まごころ整骨院のハイボルト治療

まごころ鍼灸整骨院はこんなところ

  • 痛みだけでなく、心も軽くなる治療を心がけます
  • 患者様の症状・生活習慣など総合的に判断し、完治までのプロセスを共有いたします
  • 居心地よく治療出来るよう院内空間を整えます
  • スタッフ全員子供好きなので、ママさんも安心して治療を受けられます
  • キッズスペースもご用意しております
  • 個室での治療が可能です
  • スーパー併設なので、駐車場完備。買い物ついでにご利用いただけます。